スーツケースの選び方5 機内持ち込みサイズ?

このページはスーツケースの選び方5 機内持ち込みサイズ?の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーツケースの機内持ち込みサイズって・・

せっかくの旅行。ターンテーブルに預け入れ荷物がやってくる時間も惜しいですよね。そんな合理的なあなたは、機内持ち込みサイズのスーツケースがいいですよ。

機内持ち込みできるからチェックアウトは、そのまま税関窓口へ。みんなを尻目にらっくらくーです。

私の旅行経験からいうと以外と1人の旅行なら機内持ち込みサイズでOKなんです。「お土産にさえ気をつければ」の条件付きですけど。

機内持ち込みのサイズは航空会社によって違うので注意して下さい。以下に制限サイズを記載してますので、ご自分がよく利用する航空会社のサイズを知っておきましょう。

■機内持ち込みサイズ (2006年現在)

JAL国内線 20cm x 35cm x 45cm
ANA国内線 3辺の和が115cm以内
JAL国際線 3辺の和が115cm以内
ANA国際線 3辺の和が115cm以内
エア カナダ 23cm x 40cm x 55cm
ノースウエスト航空 23cm x 35cm x 55cm


この制限に収まっていても、混雑時は断られる場合があったりします。その場合は預け入れになってしまうんですけどね。。

小さなスーツケースは、よく行く旅行先や、短時間で旅先を有効に回りたい時なんかはお勧めの方法です。

①「ターンテーブルで荷物を受け取る」
②「レンタカー会社受付窓口へ」
③「レンタカー受け取り確認へ」
④「しゅっぱーつ!」



空港でるときは、だいたい上の①~④の手順ですけど、①の待ち時間がなくなれば②③の待ち時間もなくなります。ターンテーブルでの待ち時間がなければ、がら空きのレンタカー窓口で受付をしてすぐにレンタカーを受け取ることができるのです。

ターンテーブルで待ったあげくに、レンタカーの受け取りで並んでうんざりしたことありませんか・・? せっかくの旅行ですからテンポよくいきたいですよね。

機内持ち込み可能なスーツケース お勧めですよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。