リモワ トパーズではじめるスーツケース生活!

このページはリモワ トパーズではじめるスーツケース生活!の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【RIMOWA Story】
1898年、ドイツのケルンで、Kofferfabrik Paul Morszeckというラゲッジメーカーとして、リモワはスタートしました。1930年初頭、創業者の息子であるRichard Morszeck氏は、アルミニウムを素材として製造していたリモワに溝のあるシンプルなデザインを採用しました。1950年には、航空機のアルミニウムを使用した始めてのスーツケースを発表。

現在でも航空機のアルミニウムを使用し、軽さと頑丈さを追求したスーツケースが、その特徴あるデザインと合わせ、リモワのトレードマークになっています。1976年には、フォトグラファーやレポーター向けに防水仕様のスーツケースを発表。ウォータープルーフのリモワシステムは、水、湿度、熱帯地方の暑さや極寒の寒さから、繊細なアイテムを保護し、TVクルーや映画関係者に好んで使用されています。そして現在も、トレードマークのデザインはそのままに、ポリカーボネイトを素材としたモデルや、2輪と4輪キャスターなどの製品バリエーション、さらにTSAロックに対応するなど、時代に合わせて進化を続けています。


型 番 930.63
素 材 ジュラルミン
カ ラ ー シルバー
サ イ ズ H66.5×W46.5×D25 cm
キャリー長:42 cm
重 量 5 kg
容 量 63 リットル
備 考 ・2輪キャスター
・メッシュ衣類入れ×1
・TSAロック式


RIMOWA[リモワ] TOPAS[トパス] Jumbo Trolley TSAロック
価格 74,400円 (税込 78,120 円) 送料別



TSA公認ロック FAQ
Q TSA公認ロックとは?
A 米国連邦航空省運輸保安局(TSA:The U.S. Transportation Security Administration)が公認した鍵を指します。
現在、アメリカ本国、及びアメリカ領の空港を利用(乗継ぎを含みます)する際、セキュリティチェックが強化されたため、航空会社に預ける荷物に施錠してはいけないことになっています。ただし、TSA公認ロックによって施錠する場合は例外となります。TSA公認ロックでは、施錠されていても、職員が専用工具を使って、開錠することができるからです。
もし全く施錠していなければ、預けた荷物から貴重品がどこかで盗まれる可能性があります。逆にTSA公認ロック以外で施錠した場合は、TSA職員によって強制的に鍵が壊され荷物のチェックをされてしまいます。そしてこうした破壊、並びに内容物の破損や紛失に関しては、TSAは一切責任を問われません。そのためTSA公認ロックはアメリカ旅行のみならず、アメリカ領内をトランジットで利用される際も必須アイテムといえます。
TSAロックは、公認のメーカーのみによって製造され、現在公認されているメーカーは、Travel Sentry社(赤い菱形マーク)と Safe Skies社(赤いたいまつマーク)の2社となっています。鍵のタイプは、南京錠型、ダイアルロック型、TSAロック付スーツケースベルト型、そしてスーツケースやキャリングケースに内蔵されたタイプなどがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。