スーツケースの選び方

このページはスーツケースの選び方の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■大きさの目安

スーツケースの選び方って結構難しいですよね。人によって荷物の量が違うし、旅行にいく国によっても着替えの量が随分違います。

南国ハワイなどに行く場合は、着替えは少なくてスーツケースは小さくて済みます。でも観光旅行の場合は、帰りにお土産がたくさんで入らない。なんてことも。

ビジネスミーティングの場合はドキュメント類が多いでしょうしシャツやスーツも入れないと・・・で人・用途・行先で様々なのです。
でもだいたいの目安としては以下の感じでしょうか?

3日    54Cm
5日    62Cm
7日    67Cm
10日以上 75Cm以上 が目安になります。

私の経験上スーツケースは70cmぐらいのを一つもっておけば・・と思いますが。人それぞれですからね。購入前に迷った時は入れる荷物を事前に用意して、スーパー等でもらってきたダンボール箱に詰めてみましょう。タテヨコの長さを測ってみれば、容量がわかりますよね。
これでおよその目安をつかんで下さい。



■ソフトケース or ハードケース

ソフトとハードの違いもよく議論されます。大きくはソフトは「軽い」ハードは「頑丈」といった特徴があります。短所はその逆ですよね。

諸説いろいろ、質問する人によって回答もまちまちなので、ホント人の好みだと思います。私はソフトケース・ハードケース両方を数種類使ってみましたが、ハードケースを使っています。ソフトはやっぱり「雨」に弱いのと、ひっかきキズ・ホツレがでます。

ハードケースも10年程前と比べると随分と軽量化が進んでいますので「軽さ」でのソフトケースのメリットは薄らいでいるように思ってます。

でも空港でよくみると、米国系の人たちはソフトケース&リュックが多いですね。欧州の人たちはどちらかというとハードケースでしょうか。

私のお勧めはrimowa のサルサシリーズ。軽くて丈夫で色が可愛い。女の人にお勧めですよ。


■はじめてスーツケースを買う方へ
 特に欧州に行かれる方、「●●旅行」とか「住所・名前のタグ」とか「日本から来ました!」と判るタグをスーツケースに付けるのはやめましょう。日本人のスーツケースは高価な物が入っている「定評」が高いので高確率でロストします。
 悪い先輩旅行者たちの油断が犯罪者につけ込むスキを与えちゃったのですね。気を付けて下さい。自分だけが判るステッカーを貼る。バンダナをハンドルに巻く。ベルトに凝ってみるなどターンテーブルで迷子にならない工夫も忘れずに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。