スーツケース販売&ランキング

スーツケースを特集!最新モデルを売れ筋ランキングでご紹介。今何を買えばいいかがわかる定番サイト。
sitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税抜10,000円以上のお買上げで送料無料RIMOWA[リモワ]SALSA[サルサ]834.63[61L] 目安:4~7泊程度MULTIWFEEL マルチホイールTSAロック付4輪スーツケース/キャリーケースMATTE BLACK マットブラック[つや消し]

価格:48720 円

販売店:kakinokizaka

■ 商品の詳細 ■

【商品価格・掲載情報について】

商品データ 型 番834.63MULTIWFEELマルチホイール素 材ポリカーボネイトカ ラ ーMATTE BLACKマットブラック[つや消し]サ イ ズH64×W41×D24cm車輪を含まない高さは58cmハンドル3段階/最長47cm重 量4.0kg容 量61リットル目安:4~7泊車 輪4輪ロック3連ダイヤルTSAロックお客様で任意の番号(3桁)が設定可能です。鍵の設定方法はこちらをご覧下さい。 ※TSAロックは、米国連邦航空省運輸保安局職員が専用の工具で開錠する為、鍵穴を開ける鍵は付属しておりません。付属品・ネームタグ・ディバイダー(仕切り)備 考容量以外のサイズは弊店で計測した数値となります。若干の誤差はご容赦下さい。店長の一言取り回しのしやすい4輪タイプのキャリーケースです。人込みやキャリー以外にも荷物が多い時でも、方向転換が簡単です。容量も61Lと多くのシチュエーションに対応できる万能タイプ。カラーはスタンダードなつや消しブラックなので多少の汚れや傷も目立ちません。TSA公認ロック FAQQTSA公認ロックとは?A米国連邦航空省運輸保安局(TSA:The U.S. Transportation Security Administration)が公認した鍵を指します。現在、アメリカ本国、及びアメリカ領の空港を利用(乗継ぎを含みます)する際、セキュリティチェックが強化されたため、航空会社に預ける荷物に施錠してはいけないことになっています。ただし、TSA公認ロックによって施錠する場合は例外となります。TSA公認ロックでは、施錠されていても、職員が専用工具を使って、開錠することができるからです。もし全く施錠していなければ、預けた荷物から貴重品がどこかで盗まれる可能性があります。逆にTSA公認ロック以外で施錠した場合は、TSA職員によって強制的に鍵が壊され荷物のチェックをされてしまいます。そしてこうした破壊、並びに内容物の破損や紛失に関しては、TSAは一切責任を問われません。そのためTSA公認ロックはアメリカ旅行のみならず、アメリカ領内をトランジットで利用される際も必須アイテムといえます。TSAロックは、公認のメーカーのみによって製造され、現在公認されているメーカーは、Travel Sentry社(赤い菱形マーク)と Safe Skies社(赤いたいまつマーク)の2社となっています。鍵のタイプは、南京錠型、ダイアルロック型、TSAロック付スーツケースベルト型、そしてスーツケースやキャリングケースに内蔵されたタイプなどがあります。*掲載写真は、できるだけ実際の色を再現するように努力しておりますが、実際の商品を肉眼でご覧になられる場合と多少の差異がございます。*最新の商品を掲載するよう努めておりますが、入荷時期の違いにより多少仕様が異なる場合がございます。 ◆ ご購入前にご確認下さい ◆ 弊店で販売しているRIMOWA製品は海外からの直輸入(並行輸入)商品となります。そのため、保証書及び無償修理がついておりません。(取扱店等にお持ち頂ければ有償修理は可能です。)最新の商品を掲載するよう努めておりますが、入荷時期の違いにより、写真と仕様が多少異なる商品が混在している場合があります。モデル時期や仕様のご指定、仕様の違いによる返品や交換など承っておりませんので、予めご了承の上ご注文下さい。航空会社や国内線、国際線で手荷物のサイズ、重さの持ち込み規定が異なる場合がございます。商品によっては、機内への持ち込みが出来ない場合や、超過料金を請求される事がございます。ご利用の航空会社にご確認ください。商品が届きましたら、必ず商品の確認をお願い致します。特にキャスター/ハンドル/内部のバンド/ディバイダー(仕切り)の不足は必ずご確認下さい。未使用で初期不良の場合、在庫がある場合のみ交換を承ります。弊店に在庫が無い場合はご返金にて承ります。万一、未使用で不良や備品の不足があった場合はお届けから3営業日以内(お届け日を含む)にkakinokizakaまでご連絡下さい。3営業日を過ぎてからのご連絡は未使用初期不良の場合でも交換・返品を承ることができません。航空機ご利用の際に発生した破損につきましては、多くの場合、航空会社もしくは保険会社によって保証されます。この時必ず、空港を出る前にご利用の航空会社カウンターにてお手続き下さい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。