スーツケース販売&ランキング

スーツケースを特集!最新モデルを売れ筋ランキングでご紹介。今何を買えばいいかがわかる定番サイト。
sitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外リゾートでのダイビング。楽しいですよね。
南の島で、カラフルな熱帯魚たちと遊ぶしあわせ・・・
私もモルディブ、グレートバリアリーフでのダイブ経験があります。とは言っても 50本程度の駆け出しダイバーなんですけど・・

今回はダイビング機材を入れるスーツケースのお話。

空港などでちらりと見たことがある人も多いと思いますが、ダイビングの機材って、とってもかさばるんです。カメラやマスク、レギュレーターといった繊細な道具を運ぶ関係で、それらを入れる専用のキャリーケースというのがあります。

日焼けした肌に、ダイビング用のキャリーケース。颯爽と歩く姿に憧れるのか、ダイビングで海外リゾートに行かれる方の所有率はかなり高いんじゃないでしょうか?

私もダイビングを始めてしばらくして機材を購入した時は「買おうかな」と思いましたが、いろいろ考えてとどまりました。

なぜか?

●グレートバリアリーフダイビングショップの方

日本人は初心者でも高級な機材をたくさん持っているね。
現地のプロのダイバーが持っていないような機材を、ビギナーが持ってるからね。

時々、「機材がなくなった!」って青い顔してる人がいるけどゴージャスに輝く機材を身につけて、リゾートで油断してる人にも問題あるんじゃないかな?

●モルディブ マーレ(空港のある都市)のツアー会社の方

日本人の荷物はなんだか、よくロストするね。特にダイビング用のカバン。あれはダメだよ。よく知らないけどカメラとか機材とか中の機械が高く売れるってウワサだね。欧州からの人はボロボロのプラスチックケースに入れてくるのに、日本人は高そうな専用ケースに入れてくる。その上、ごった返す空港で仲間と騒ぐだろ。無くなるのも無理ないよ。


などなど、日本人への偏見が一部入っていますが、当たらずとも遠からず。納得できる部分も多いです。

盗めば「確実に」中に高価なレギュレータとカメラが入っているバッグと、着替えしか入ってないかも知れない普通のスーツケース。

ロストの確率がどちらが高いかは判りますよね。

専用のキャリーケースは防水加工がハードケース部分にしてあったり、機材が最適におさまるよう設計されているので便利なんですけどね。

私は大きめのスーツケースに丁重に入れて持ち運んでいます。
ダイビングの時だけは、リモワのトパーズが登場。ジュラルミンのシブイヤツです。耐衝撃性もバッチリ。最近やっと良い感じに年期が入ってきて気に入ってます。

普通のスーツケースだと、中身はわかりませんからね・・
ただ、スーツケースは気持ちよく旅行するための「道具」に過ぎません。使う人の心がけ一つだと思います。

せっかくの「リゾートダイブ」ですから事故なく、楽しみたいですよね。

※:日本国内でダイビングショップに機材をあずけることが多い人
  は、キャリーケースが無いと、嫌がられることがあります。
  そういう人は素直に買うか、お店の人と相談しましょう。
スポンサーサイト
スーツケースを良く見ていると悩み始めるのがコレ。2輪 or 4輪 ですよね。

大まかな特徴は以下の通りでしょうか?

2輪:悪路に強く、アスファルトの持ち運びの時は楽ちん。
   でもスーツケースの幅が無いところでは運びにくい。

4輪:キャスターが4隅についているので小回りが効く反面、
   タイヤが小さいのでアスファルトで扱いにくい。

最近は4輪でも内側2輪だけが大径タイヤだったり、4輪ともに大きめのタイヤがついていたりと、ひとくくりにできないんですけどね。

個人的に周りを見ていると、若々しい人=2輪  年寄り気味の人=4輪かな・・って感じですね。一概にいえないんですが、印象です。

パック旅行だとほとんどドアtoドアでスーツケースを運んでくれるので、あまり神経質になる必要もないです。でもアクティブにスーツケースを持って歩き回りたい人や、空港近くのレンタカー窓口まで歩いたりする人は、よくよく考えて選びましょう。ちなみに私のリモワ サルサは2輪タイプです。

駐在員仲間を見てると4輪で2輪が大きいタイプが多めで、私と同じ2輪ってのも多いかなぁ。なぁんとなくですけどね(笑)欧州での国内移動が多い人はほとんど2輪。しかも少し小さめ、まぁアジアから来る人と、もともと欧州に拠点持ってる人は荷物の量もちがうんだけど・・

中に入る荷物の量も変わってくるので、よくよく調べてから選びましょう。私のお勧めは「赤」のリモワ サルサです。

スーツケースには ハードケース と ソフトケースがあります。普通皆さんが「スーツケース」と聞いて想像するのは「ハードケース」の方だと思います。

■ソフトケース
 主に布でできているスーツケースです。一番の特徴は軽いこと。自宅で荷物が無いときに折りたためたり収納にも便利。アメリカ系の旅行者はこのタイプを使う人が多い感じですね。ただし旅先での雨、内部の荷物の破損などの弱点も。

■ハードケース
 金属・プラスチックなどの表面が硬い素材でできているスーツケースです。中身が壊れにくく、荷物の整頓がしやすいです。鍵もかけやすく防犯面でも安心です。キャスター付きのものが多く持ち運びが楽です。
日本人・欧米の観光客はこのタイプが多いですね。
弱点はソフトケースに比べて重いこと。と一般にいわれますが最近は布製にも負けないぐらいの軽量タイプが主流です。


■どっちを選べばいいの?
 私は仕事柄 海外駐在経験が多いのですが、絶対に「ハードケース」をお勧めします。なぜなら・・・「運搬中に破損された場合に保証が受けられる」からです。

 ハードケースの場合、ケースがへこむ。亀裂が入る。割れるなど目で見て破損が明らかな場合が多く、バゲッジクレーム(荷物の受け取り)でこうした破損について抗議すれば、ほぼ保証してくれます。

 しかしソフトケースの場合、破損していてもその度合いがわかりにくく、かつそれが今回の運搬のものであったかどうかが証明しにくいので抗議しても保証がおりにくいです。(粘れば可能なことも・・)

たしかにハードケースの破損は目で見て一目瞭然ですものね。
私もハードケースの破損はイギリスで経験しましたが、抗議の結果、保証してもらうことができました。同僚でソフトケースを使っている人がいましたが、同様のケースで保証してもらえなかったですね。

あと、思っている以上に荷物は乱暴に扱われています。ソフトケースに荷物を入れるなら「壊れてもいい」ぐらいの覚悟が必要です。その点、ハードケースならある程度の衝撃までは大丈夫。

いかがでしょうか? ソフトケース or ハードケース 参考になりましたか? 私のお勧めはハードケース とくに リモワの製品がお勧めですよ。 ではまた次回!!

スーツケースの機内持ち込みサイズって・・

せっかくの旅行。ターンテーブルに預け入れ荷物がやってくる時間も惜しいですよね。そんな合理的なあなたは、機内持ち込みサイズのスーツケースがいいですよ。

機内持ち込みできるからチェックアウトは、そのまま税関窓口へ。みんなを尻目にらっくらくーです。

私の旅行経験からいうと以外と1人の旅行なら機内持ち込みサイズでOKなんです。「お土産にさえ気をつければ」の条件付きですけど。

機内持ち込みのサイズは航空会社によって違うので注意して下さい。以下に制限サイズを記載してますので、ご自分がよく利用する航空会社のサイズを知っておきましょう。

■機内持ち込みサイズ (2006年現在)

JAL国内線 20cm x 35cm x 45cm
ANA国内線 3辺の和が115cm以内
JAL国際線 3辺の和が115cm以内
ANA国際線 3辺の和が115cm以内
エア カナダ 23cm x 40cm x 55cm
ノースウエスト航空 23cm x 35cm x 55cm


この制限に収まっていても、混雑時は断られる場合があったりします。その場合は預け入れになってしまうんですけどね。。

小さなスーツケースは、よく行く旅行先や、短時間で旅先を有効に回りたい時なんかはお勧めの方法です。

①「ターンテーブルで荷物を受け取る」
②「レンタカー会社受付窓口へ」
③「レンタカー受け取り確認へ」
④「しゅっぱーつ!」



空港でるときは、だいたい上の①~④の手順ですけど、①の待ち時間がなくなれば②③の待ち時間もなくなります。ターンテーブルでの待ち時間がなければ、がら空きのレンタカー窓口で受付をしてすぐにレンタカーを受け取ることができるのです。

ターンテーブルで待ったあげくに、レンタカーの受け取りで並んでうんざりしたことありませんか・・? せっかくの旅行ですからテンポよくいきたいですよね。

機内持ち込み可能なスーツケース お勧めですよ!

TSAロックとは?

スーツケースの売り場に行ったり、調べていると間違いなく目にする言葉ですね。私も海外駐在員なのでよく日本の友達に聞かれます。

アメリカでは 9.11 テロ以降。荷物検査が大変厳しくなったのはご存じの通り。アメリカの空港を通貨する場合は「航空会社に預ける荷物に施錠してはいけない」とのルールがあります。厳しいですね。

TSAっていうのは米国連邦航空省運輸保安局(TSA: The U.S. Transportation Security Administration)の略で、空港の安全を守る部署の名前です。預け入れ手荷物は、この部署によって調査されます。

鍵を掛けて預け入れしてしまうと壊されて中を調べられます。破壊に対する賠償は一切ありません。アメリカもテロ対策に真剣なんです。

でも預け入れ荷物を見るのはTSAの人たちばかりではありません。泥棒も虎視眈々と荷物を狙っています。特に日本人の荷物は狙われやすい傾向にあります。カメラ・高級貴金属など先代の旅行者の油断がその原因です。

TSAロックというのは、TSAの人たちは開けることができるけど、その他の人は開けることができない鍵のことです。これで泥棒さんへの対処ができますね。このTSAロック、TSAが公認したメーカーのみに製造が許されてます。

アメリカ(ハワイ・グァム含む)への旅行が多い方はTSAロック付きのスーツケースを選んでおけば間違いないでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。